スマートで損をしない買い方

category

calendar

2018年6月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

中古トラック販売で失敗しないためには

トラックというのはたとえ中古でも、決して安い買い物ではありません。ですから購入してから後悔することのないよう、購入前に確認すべきところはしっかりと確認を怠らないようにしたいものです。トラックは乗用車以上に電気系統のスイッチ等が多いので全ての動作確認は大変かもしれませんが、購入後に故障に気づいても対応してくれない販売店もありますから、やはり面倒でも事前の確認は必須です。
また中古トラックを購入するのなら、なるべく状態の良いものを選びたいですよね。なので電気系統だけでなく、他にも最低限チェックしておきたいのが車体の傷やへこみです。ただトラックというのはその性質上、乗用車ほど大切に扱われているものではありません。したがって多少の傷やへこみはあるものだと考えた方が良いかもしれません。
ただし多少の傷やへこみは仕方ないにしてもサビが浮いているようならその中古トラックは購入を避けた方が良いと言えるでしょう。なぜならそのサビが車体だけでなく、エンジン等の内部にまで発生している可能性があるからです。
一番良いのはエンジンなど内部も事前チェックすることなのですが、それが不可能ならせめてサビのチェックだけでも忘れないようにしましょう。

販売業者を見極める

中古車トラックを購入しようと思うとそこそこの金額がかかってきます。そのため、中古車トラックを買う時に注意する点がいくつかあります。まず、中古車トラックを購入する方法は、一般的に3種類ほどあり、販売店で購入する、ネット店舗で購入する、オークションで購入する方法です。それぞれの方法にはメリットとデメリットがあります。同じ車種、同じ走行距離と同一条件の中古車トラックなら購入価格はオークションが一番安く手に入り、次にネット店舗、販売店となります。販売店のメリットというと安心感や信頼性ですが、近年のネット上の中古車販売部門は発達しているので、安心して購入することができ、販売店で購入するメリットは少なくなっています。
どの中古車トラックの販売でも注意することは「悪徳業者ではないか」です。事故車を万全な状態で修理して販売されている中古車トラックはよくあります。事故車はいくら直しても見えない部分が知らない間に傷んでいる可能性があります。トラックというのは何万個という部品から構成されているので事故の影響で走行中に故障してしまい、事故を起こすという可能性もあります。なので、中古車トラックを購入する際は、そのトラックが事故車なのかを中古車トラックの販売店に最低でも言質は取っておきましょう。

menu

2017年10月17日
どこでどんなふうに探すべきかを更新しました。
2017年10月17日
安心できる優良中古販売業者を更新しました。
2017年10月17日
状態の良い中古トラックを探すを更新しました。
2017年10月17日
スマートで損をしない買い方を更新しました。